食べてないのに痩せにくいのはモナリザ症候群


東京都世田谷区用賀インディバER45 2台導入!


ご愛読いただきありがとうございます! ビオールサロンアルマです 。

さて、今日のおはなしは食べてないのに痩せにくい原因について。

あまり食べないのに太りやすい人はモナリザ症候群かも知れません。

モナリザ症候群とは何でしょうか? 直訳すると『大多数の肥満者は交感神経の働きが低下している』という意味ですが

交感神経とは自律神経のひとつで、緊張や興奮を促す作用があり、人が活発に活動する際に働く神経といえます。

昼の神経といわれる交感神経は私達が盛んに動き回る昼間に活発に。 また一方のリラックスを促し心を落ち着かせる作用がある副交感神経は、休んだり眠ったりする夜に活発に働きます。

ところが長期間にわたり、昼間にあまり活動をしない生活。 昼夜逆転生活を送っていると、徐々に交感神経の働きが鈍り 結局は体の活動が減少してエネルギー消費が低下し脂肪の代謝がスムーズに行われなくなります。

やがて、さほど大食していないにもかかわらず、すぐ太る体質(痩せ難い体質)になり、様々な肌トラブルや冷え性、肩こり・便秘なども引き起こし易くなります。

モナリザ症候群は、つまるところ生活習慣の乱れが原因です。 生活のリズムを整えること、つまり、規則正しい生活のサイクルと適度で、栄養バランスのとれた食事、ほど良い運動などで、その改善がはかれるのは間違いありません。

インディバは自律神経の調整ができます。 夜眠れない方もグッスリ眠れますよ。

試してみてください 。







#ビオールサロンアルマ

#世田谷用賀

#インディバ

#キャビテーション

#体質改善

#免疫力アップ

1回の閲覧

HOMEサロン紹介|アルマのメニューと料金|機器・粧材説明|お客様の声よくある質問アクセスお問合わせ

禁忌事項プライバシーポリシーキャンセルポリシー

Copyright © ビオールサロン アルマ. All Rights Reserved.