皮下脂肪と内臓脂肪の違い


東京都世田谷区用賀インディバER45 2台導入!


ご愛読いただきありがとうございます! ビオールサロンアルマです 。

皮下脂肪と内臓脂肪脂肪の違いです。 皮下脂肪は、皮膚の下にある皮下組織につく脂肪のことで、手でつまめる脂肪のことです。

原因としては 、運動不足や過食と言われます。

内臓脂肪と比べると代謝が悪いため、落ちにくいと言われています。

脂肪燃焼には有酸素運動がよいとされています。 でも、身体を動かすのが苦手。

運動の時間が取れない方にはインディバをオススメします。

寝ているだけで、運動をしたような爽快感があります。 その秘密はインディバの熱エネルギー。高周波が体内に透過し、体内の細胞内の分子を振動させ、その摩擦で自分自身の体内温熱で体内の熱を通常の3~5℃、部位によっては7℃まで上昇させることができ、体を芯から暖めることができるからです。

これは有酸素運動の約5倍にもなる温熱効果。 温まった体の熱は半日程度持続するため、新陳代謝が高まりじっくり体質改善が行われます。

一方、内臓脂肪は生活習慣病の元になりますが、内臓脂肪は一見、太って見えない方もおります。

ストレス、男性ホルモンの影響、不規則な偏りのある食事、ダイエット後のリバウンド、以前はスポーツをやっていたのにやらなくなったなどが原因のことが多く、女性よりも男性に付きやすい傾向にあります。

内蔵脂肪が蓄積すると、生活習慣病になります。

皮下脂肪、内臓脂肪にお悩みの方は是非インディバをお試しください。







#ビオールサロンアルマ

#世田谷用賀

#インディバ

#キャビテーション

#体質改善

#免疫力アップ

#代謝アップ

1回の閲覧

HOMEサロン紹介|アルマのメニューと料金|機器・粧材説明|お客様の声よくある質問アクセスお問合わせ

禁忌事項プライバシーポリシーキャンセルポリシー

Copyright © ビオールサロン アルマ. All Rights Reserved.